第八回 点訳技術講習会

平成14年11月21日(木)
2002年度点訳技術講習会 第八回 レポート

 前期の講習も残りわずかとなってきた。点字の表記と分かち書きを今まで教えていただいたのであるが、そのボリュームは、かなりのものである。教わった量からすると、私自身の満足度では、40%程。これを人に伝えるとなると20%程の出来ではなかろうか。
以前から、努力しなければならないことはわかっているのだが、なかなか時間が取れるものではない。いつのまにか自分自身に対する甘えも出てきているせいもある。とにかく数をこなさなければならない。この場合は、こうだという理論も、体で覚えなくては何にもならない。
回を重ねるにつき、その応用がいくつか有り、新しく学ぶのは以前に習ったものに加えて進む。ああ、これはどうだったっけ、ではとても追いつけないスピードである。

 今回は、記号・符号・囲み記号の表記であった。勿論、その応用は過去に習ったものを多く含む。
句点 ・・・原則として原文どおりに表記する。次の文頭は2マス空ける。句点の後に括弧やカギの閉じ記号がくる場合は、続けて書く。
読点 ・・・読点の後は1マス空ける。数字が重ねて書いてある場合は、省略して数字だけ書く。5,600円→(数)5600(つなぎ符)エン
(注)箇条書きで「一」「一、」は、数字で表し、読点を句点に置き換える。「ヒトツ」と読む場合は、仮名書きする。
中点 ・・・原則は墨字どおりであるが、分かち書きとの関係などで原文にある中点を省いて書く場合がある。「七・五・三」→(数)7(数)5(数)3 のように中点を省く。
疑問符・感嘆符 ・・・表記方法は句点と同じである。疑問符は、2・6の点。感嘆符は、2・3・5の点。よくあるのが続けて書く場合(?!)であるが、この場合、マスをあけずに続けて表記する。
囲み記号 ・・・基本的に全て、囲み内側に続けて書くが、外側は原文による。
カギ ・・・必ず、閉じ記号を忘れてはならない。第一カギ 「・・・」 会話文や強調、引用文に用いる。二重カギ 『・・・』 会話文中の会話の引用、書名、雑誌名、新聞名など。第二カギ “・・・” 第一カギの中で特に強調して表す。
括弧 ・・・説明や挿入に用いる。順番などを表す数字の①②・・・などは、(1)(2)・・・を使う。
A ( B ) とある場合、BがAに対する説明の場合は、括弧の次はつなげる。Bが別のことを表現する場合は、括弧の次は一マス空ける。
線類 ・・・棒線(――)は、2マス使って表示し、前後1マス空ける。点線(...)は3マス使って表す。
  墨字の場合は、特に視覚的に目立たせるために記号を多様化するが、全てを点字で表すのは問題であるとし、上記に挙げたものがほとんどである。

 全般を通して、一通り点字に関することは講習を受けたことになる。あとは、段落など、実際のケースをどのようにして点字で表すかというところを残している。この時点で、先に述べたとおり、きっちり抑えていない部分が沢山ある。数字、アルファベット、分かち書きなどである。分かち書きにいたっては、まだまだ自信がない。先日の宿題を返していただいたが、予想通り、真っ赤であった。気の毒なほど、訂正を入れてくださっていた。補助動詞、助動詞、サ変複合動詞など、いたるところで分かち書きがうまく表記できていなかった。確かに教わったことを思い返すとそのとおりである。まだまだ私の中で、感覚がずれているのだろう。そこにはルールがある。そのルールを身にしなければならない。そんなメッセージであった気がした。

 この講習がひととおり終わった後、後半は、前回の宿題を隣の方と読みあわすこととなった。まず、私から読むこととなったが、とてつもなく時間がかかった。自分自身の直感で読むことになれている為、一文字ずつ確認しながら読んでいくことは非常に時間がかかる。
墨字の場合、まず文を読むときは、全体を瞬時に把握し、文字を文頭から追い、先に含む文字をどんどん見ていくことで感覚により文を理解し、読んでいると言える。
今、私達が取り組んでいる点字はそうではない。目で追っていくことは出来ないのだ。触読が出来るわけでもない為、一文字ずつ、多くても3文字ほど先をつなげて読むしかない。こんなふうに読むことで、その文の意味がまったくといっていいほど、記憶にもない。触読がままならない我々にとって、おそらく前者に挙げた墨字のように、先を目で追えるほど、点字を見慣れることにより、精通しなければならない。
  数多く読むことが、現時点でしていかねばならないことであろう。その中で、分かち書きのパターンも次第にみえてくるはずであろう。
毎回、反省の連続である。

(宿題)
*点訳
  前回の宿題の読みあわせにて、相手の方の文を点字化する。

(つづく)

第七回 点訳技術講習会

平成14年11月14日(木)
2002年度点訳技術講習会 第七回 レポート

 今回のところで、分かち書きが終了することもあって、宿題や講習時間中に行われる練習問題では、ほとんどが日常会話に近い文章となってきている。それとは、どういうことかというと、単純でないということ。気付いてはいないが、現在の会話上では、かなり複雑な言い回し、特に造語はよく利用する。どこまでが造語か、どうかなのかはこの際構わないが、分かち書きにおいては、ルールを逸脱したところに行ってしまうこと多々ある。くしくも、そのレベルで伝えなければ、意をなさぬもの。
  今回も練習問題において「**する」といった言い回しで引っかかった。分かち書きで、これは複合語の分かち書きになり、上記のようにサ変動詞の場合は多様化する。(サ変動詞以外の複合語は続けて書く)「命ずる」、「心する」など漢字一字に「する」がつく場合は続ける。この場合のような連濁する場合は必ず続けることになる。注意しなければならないことに、「愛する」「恋する」では、「愛する」は続けるが、「恋する」は区切る。この場合「する」の前に(を)を入れたとき、「する」の意味が強い場合は、「恋」は名詞であると理解し、区切ることとなる。対照的に、「する」の意味が弱い場合は、「愛」の一字で名詞とは判断しにくく、つながった分節となる。
  後先が逆になったが、複合語の基本をここで簡単に明示する。
  複合語で代表的なのは、複合名詞である。「桜並木」は区切るが「松並木」は区切らない。これは、3拍以上の意味のまとまりが二つ以上ある場合は区切って書く。「被保険者」はきらないが「非日常」は切る。この場合、どちらかというと「非」は強調の度合いが強く、つなげると分かり難く、発音するときも特に区切られたようになる場合が多い。中には、「被」と同じく、続けて用いることが常であるときは続けるということもある。「非 常識」というよりも「非常識」という用い方がそうである。
  一般に強調する場合、意をはっきりさせたく用いられる語は、区分けして書くことが基本である。
  複合語は、上述、多様であり、今後も日常での言い回しにおいても、簡略化して伝える場合など、新しく増えていくことは必須である。ややこしいところではあるが、こなしていくことで慣れ、一種のパターン化するまで繰り返さなければならない。
  分かち書きの最後となったが、固有名詞の表示方法を習う。比較的、今までの分かち書きに比べて難しいものではない。人名を表す場合、一般に苗字と名前の間は区切る。人名のあとに「さん」「様」「君」「殿」「氏」「兄」がくる場合は、その前で区切る。それ以外の敬称・尊称・官位などは。それが3拍以上の場合は区切り、「**家」のように2拍以下は続ける。「大阪湾」は続け、「襟裳岬」は区切る。

 通常の講習が終わった時点で、先に述べた練習問題であった。
  今回、私は私事、遅れて出席したため、席は一人であった。テーブルには二人掛けしており、その相手の方と練習問題を読み合わせ、間違いを見つけるというものであった。一方が点字を読み、それを相手の方が墨字でチャックする。間違いの内容は、今まで習った応用が用いられ、なかなか見つけることは困難であった。普段、気にすることなく読んでいるのだが、だいたいで読んでしまっているのがよくわかった。点字書きの誤字がいくつか有り、分かち書きにいたっては、気にならぬほどになってしまっていた。実際に声に出して読み合わせるのだが、読むことで必死なのが、正直なところ。かぎかっこの一方が抜けていることなど、わからなかった。まだまだ、レベルが低いところにある自分をかいまみた気がした。その日、帰ってから反省し、参考書となる本を注文した。「点訳の手引き」(全国視覚障害者情報提供施設協会)、「日本点字表記法」(日本点字委員会)と二冊の問題集「点訳問題集1・2」(全視情協)
まずはこれらを読みきってみようと思う。

 本日、帰りに、同じく受講されてる方といっしょになり、お話をした。おばさんである。彼女は、既にボランティアで点訳に携わっておられる。私が「難しいですよねえ」というと、彼女は「ここは今まで勉強していた人が、さらにのぞんで勉強しにくる講習なのよ」といわれた。
この講習の最初にもあげたとおり、町のボランティアとは、はるかにレベルは違う。やってますとは違うのである。具体的なお話を聞くことでその違いを理解し、ますますやる気が出てきた。

(宿題)
*点訳
  [注意点]
  点訳したものを読み返す。
  点筆をまっすぐにおろし、均一に点が出るように押し切る。

(つづく)

第六回 点訳技術講習会

平成14年11月 7日(木)
2002年度点訳技術講習会 第六回 レポート

 私事、体調を崩してしまい、今回の宿題はできずに出席した。
  前回に引き続き、間違いやすい分かち書きというテーマで教わることとなった。文節毎とはいえ、多様に用いられる日本語の言い回しは、一種のスラングである。
文化の上で形成されたのであろうか、それは暗号のようなもので、ひとつの動詞で終わればいいところを、敬語や打消しなどを用いて、本来の意味さえも大きく変えてしまう。特にこの講習会で気付かされたのは、日本語の中に意味を持たない語や音あわせのように使われる後が多いということ。
  単純に、その言葉のまま点字に移し並べることまではできるが、もし文節での分け方がなければ、何を言ってるのかさえも読めなくなる。私たちが日常使っている言葉のように、問題なく分けるまでにいたることは、慣れるしかないようだ。本来の意味を理解して、それを伝えることを念頭に入れて考えるに、その付属的な語は、ほとんどが分ける必要のないものと考える。
  大分類を理解しないうちには、例外を含む分類はさらにややこしく思えるだけであろう。そのように考えることになって、分かち書きについて、少しは理解できる気がしてきた。

 先週の形式名詞もなんとなくであるが理解できる。 続いて今回は、補助動詞、補助形容詞、指示語に付いて習うこととなった。

補助動詞は、動詞の一部であり、分ける必要がない。
「行ってみる」などがそうである。
補助形容詞「ない」について、
「無理なく」
*(も)(は)を入れてもおかしくない場合はこれにあたる。「無理(も)なく」
指示語は、「こそあど」言葉。
代名詞としての これ、それ、あれ、どれ
副詞としての  こう、そう、ああ、どう
連体詞としての この、その、あの、どの  
  例外として、そのうえ(=更に)などはきらない。
やはりややこしいところであり、時間をかけて、なれないといけない。

 今回の新しく習うところは、これくらいである。残りの時間を使って、点字を読む練習となった。
一人ずつ順番に声を出して読んでいくのだが、その四頁にいたる点字の文には、間違いが沢山入れられており、それを指摘しながら、進むということであった。
読みにいたっては、出席されている方々は、レベルが高いと講師の方が言われてたとおり、皆さん、すらすら読めているので、焦りを感じた。私も何とか時間をかけながら読んだ。間違いがあるとは意識のないまま、読みきった。間違いをみなで指摘した結果、なぜ私が読めたかが不思議な箇所がいくつか出てきた。見事にだまされてた。他の方の読んでおられるときには、間違いが全部とまでは行かないが、指摘できたが、いざ自分の場合は何とも情けないものである。この練習にて、注意しなければならない点についておさらいが必要である。
まずは、単純なことであるが、紙の裏からの点字書きであるため、左右を逆にしてしまうということである。次に、左右どちらかによった点がある場合や、空がある場合に、意外とずれた点に気づかないものである。後は、数字のあと「あ」「ら」行のときは、つなぎ符を用い、それ以外では、空けずに続けて書く。単位の場合はひと続きに書く。相反して、アルファベットの場合は、一マスあける。 分かち書きの間違いにいたるまで含めると、沢山ありすぎる。そんなに意識のないままに読んでしまっているのも恐ろしいものである。一巡し、残り半分くらいのところで時間となったため、各自で宿題となった。

用いられる文章や宿題も、日常使われる言い回しになってきて、点訳するのに、ややこしくなってきている。

(宿題)
*声を出して点字を読む。間違いを指摘する。
*15の文章を点訳する。
*先週の宿題、未提出分を仕上げる。

(つづく)

第五回 点訳技術講習会

平成14年10月31日(木)
2002年度点訳技術講習会 第五回 レポート

 本日は、始まるとすぐにテストが行われた。
  問題自体はそれほどボリュームのあるものではなく、少し苦手としている数字、外字もなかったので、安心した。ただし、「ず」、「づ」などは、やはり完全でないので、うろたえる。

 このテストの後、前回までの講習で、特に間違いやすいということで、復習となった。
  数字とアルファベット表記のおさらいだ。事実上、従来の二倍のスピードでこなしているらしい講習で、(要は、半分の期間で)点字を習得するというのは、私たち受講生にとっては、どれほどのものなのかが理解できないが、頭に入っていく量を考えれば、それは相当なものだ。
まったく経験のない自分にとっては、ただただ早すぎるーっ!とはいうものの、時間というのは恐ろしいもので、作ればできる。作ろうとすれば、それで、何とかなるものだ。さあ、いつものように、復習の意味を踏まえて、戻ることにしよう。

 まずは、数字の表記。前回から重複する点は多いが、実際分かっていないので、しょうがない。簡単なところは、ここではとばすとして、間違いやすいものを書き出してみる。
  1,234,567,890 数12オク空数3456マン空数7890
  1千万人     数1センマンニン
  12.3       数12少数符3 このとき3の前に数符はいらない
  1/5        数5ブンノ空数1
よく使われている言い回しとしての数字
  2、3       数2数3
  14、5      数14数5
  七、八百    数7数800
  三百五、六十 数300空数5数60
  数千       スーセン
  百数十     数100空スージュー
  数十匹     スージュッピキ
つなぎ符を用いる場合
ア行・ラ行の助詞、助動詞が続く場合は、第一つなぎ符を用いる。
  3へ進む     数3つなぎ符エ空ススム
  200らしい    数200つなぎ符ラシイ
  100円     数100つなぎ符エン
数的要素がある場合は、数符を用いる。
そうでない場合は仮名書きとなる。
固有名詞の場合は仮名書きとなる
和語読みの場合は、仮名書きとなる
  三泊四日    数3パク空ヨッカ
  十月十日    数10ガツ空トオカ
  数は、沢山の使い方がある。まずは、表記の仕方を覚え、間違わぬこと。空けるところ、つなぎ符、数符の反復などである。それをマスターした上で、実際に読んでみて、和語読みする場合のほとんどが仮名書きとなる。次に固有名詞であるか判断し、最終にそれが数的要素があるかどうかを判断する。

 アルファベットの場合の注意点は、後ろに仮名がくる場合である。
  後ろに仮名がついて一語になっている場合はつなぎ符を用いて、後ろに助詞、助動詞が続くときは、一マスあける。
  A型       外字符 大文字符 A つなぎ符 ガタ
  X線       外字符 大文字符 X つなぎ符 セン
  Aは        外字符 大文字符 A 空 ワ
  OLだった     外字符 大文字符 大文字符 OL 空 ガタ

 まだまだ理解したとはいえないが、感覚で覚えるまで読むことや、書くに至っては、とにかく数をこなさなければならない。
  復習はここまでで、分かち書きに戻ることとなった。

 前回、基本としての分かち書きを習ったが、間違いやすいものとして、形容名詞をあげて説明があった。
  その扱いは助詞、助動詞のようであるが、表記的には名詞となるため、自立語となるので、前で区切って書く。

 今回のは、特に何がなんだかその違いがよくわからない。実に、いまだに分からない。今までだと、なんとなくは理解できっていたが、ここへきてその文節が助詞、助動詞がとか言う意識のないままのものを追求していくわけである。
これはこのようにXXXだからXXX、XXXのときはXXXといったルールのために必要なわけ方であるから理解せねばならない。
  確かに、意識していないところで、文字を点字で表すことは大分とできるようになったと思うが、実際、それが読み手側において、読みやすいか、理解しやすいかを考えると答えはNOである。そのために分かち書きのルールは必要となる。“ただなんとなく”がルールにいたるまでは、さらに打ち込む必要がありそうだ。

 次回の分かち書きの講習までが、難しいとされる。頑張らねば…。

(宿題)
*練習問題を分かち書きにする。点字とてらして答え合わせをする。
*12個の墨字文を点訳する(分かち書きに注意)

(つづく)

第四回 点訳技術講習会

平成14年10月24日(木)
2002年度点訳技術講習会 第四回 レポート

 本日から「分かち書き」に入っていく予定であったが、
前回で途中になった数字とアルファベットの記述についての講習がほとんどになってしまった。実際にこれが基本となる部分の締めくくりであるだけに、余計に時間を要してこられたのだと思われる。
前回のレポートに重複することが多いので、略するとして、気になったところの部分を補足する。

 アルファベットの記述にて、外字符と外国語引用符の使い分けである。
記述から説明すると、外字符は、⑤、⑥の点を外字の前に表記する。外国語引用符は、②,③,⑥の点と、③,⑤,⑥、の点で、その外字を括るのである。上記で外字とひとくくりにしたが、ここがポイントとなる。
外字符を用いる場合は、単なるアルファベットの文字、略称、単位など、ごく頻繁に用いられるものが多く、それ自体だけで、本来の外国語と理解されにくいものである。例えば、A型、オバQ、3LDK、10cm、TV番組、IOCなど。
  一方、対比した説明となるが、、外国語引用符を用いる場合は、アルファベットで書かれた単語、熟語などの語句や文をさし、そのものが外国語としての意味を保有するものを対象とする。例えば、apple、 good night、 My name is HICO。
日本語の中には、英語が混ざることが多く、注意が必要な点である。

 数についても、補足があった。表記の仕方などは前回のとおりである。注意する点として、仮名で書く数字の場合である。「三」とある場合に、数字の「3」ととるか、「サン」と仮名書きするかというところである。
1.数的な意味の薄れているもの  例) 十字路、七面鳥、一足飛び
一般に、他の数で置き換えることができない場合である。
2.和語読みするもの  例) 四日、七草、八百屋、六つ星、二十歳、一人
ヒ、フ、ミ、ヨと読み換わる場合は仮名書きとされることが多い。
例) 10月10日 数10ガツトオカ
    三泊四日 数3パクヨッカ
3.固有名詞  例) 一郎、三宮、四国、五千円札
  例外として、数的な意味を表すものは数字で書く。 例) ルイ十四世、五条通り、市立第三中
この例外は非常に微妙なところである。確かに置き換えることのできる見方からすれば、数字表記となろう。
これまた微妙なのが、「110番」である。「ヒャクトオバン」としてもよいところではあるが、その目的からすると、電話で数字を選択するケースを連想すれば、数字として表記することが望ましくなる。

 点字の表記に関しては、日本語の理解度がかなり必要とされる。その使い分けがしっかりできていれば、ルールどおりに表記すればよい。まだまだ疑問は沢山ある。数をこなすことで慣れていくしかないようだ。そうすれば、必ず明確になってくるはずだろう。点字を書くこともそうである。次から次へと新しいことを学んでいったが、確実にマスターし、正確に表すことができて、初めて価値がある。どんどんこなして行かなくてはならない。

 本日、前回の宿題を返してもらったが、散々だった。一言、「残念です」であった。
とても悔しい。やってはいけない脱字をしてしまったようだ。抜けていたのである。そのとき、講師の方に、見直しは必ずしてください!といわれた。そのとおりである。点字の場合、墨字から点字にするのだが、それを確認するすることは、その点字を再度、墨字として理解できるか、正確であるか、読めばよいのである。読むことにより、さらに力をつけることができるではないか。単純に”前向きに進んで、生きてきた”としていた自分に、その行動を見直す必要性であったり、失敗しない、成功のあり方を指摘された気がした。
信用とは、そのようなところであろう。派手で生きるもよいが、ひた向きな姿勢で、確実に生きる要素は、万人に対する信用を得る。そうそう、たやすいものではない。“人のためにできること”と考えた以上、信用が何よりである。力をつけるべきところではないか。

 とうとう、「分かち書き」へ入った。「分かち書き」のモットーは、読みやすさ、書きやすさ、分かりやすさ、である。そこには、おのずとルールが必要となってくる。本日習ったのは、その中で基本となる原則であり、それが全てではない。点字の講習では、例外が多い。いかんせん、この頭にそれだけの汎用性が備わっているとは思われないが、これも慣れであろう。
  さて、基本となる原則は、
第一、文節で区切る。
第二、継続的な触読を可能にするため、さらに音節で区切る。
文節とは、なんとも懐かしいところ、忘れてしまってたが、「…ネ」を入れて区切ることができる単位だ。
例) 私は(ネ)今日(ネ)講習会に(ネ)いった。
今後いろいろと、例外について覚えていかねばならないようだ。

 本日のところは、このあたりである。
宿題に関して、点訳においての注意、及び指示があった。
1.一行目に氏名を左サイド(読みでは右サイド)につめて書く。
  複数枚の場合は、氏名は一枚目だけでよい。
2.紙の上部に、ページを打つこと。
3.必ず、文頭を二つ空けること。
4.最初の書き出しの場合は、頭四つをあけること。
5.文節単位が入りきらない場合は、必ず次の行から書く。
6.読点の後は一升、句点の後は二升、段落の場合は二升を空けて書く。
宿題の採点によって指摘を受けたが、「弱点」(打つ点が弱い)箇所が見られるので注意する。そして、必ず見直す。打って見直す習慣をつけておく。間違っていた場合に最悪はまぬがれる。

(宿題)
*第二回仮名遣いで用いた練習問題を、分かち書きを意識して、点訳する。
*点字を墨字訳(墨字文章とする)

(つづく)