第三回 点訳技術講習会

平成14年10月17日(木)
2002年度点訳技術講習会 第三回 レポート

 本日、第三回目の講習会となったわけだが、特に宿題を済ませただけに過ぎなかった復習が、やはり困難を招いた。ついていけてないのである。
こられる方の大半は、点字の経験も多少ある上に、かなり前向きに取り組んでおられる。前回習ったこと以上にこなせているようであった。
  現時点で、「あ」から「ん」の単純な五十音はすでに読み書きともマスターされておられたようだ。
私のほうはというと、“難しい”などと言い訳をしながら、宿題をこなしたに過ぎない。点字の「読み」、「書き」両方を覚えるという、その圧力に押されてたのであろう。点字一覧表をカンニングという意識もないままに写し取ったようで、とても恥ずかしく感じられた。
  そのせいで、本日の講習会自体がドキドキもので、半分以上、身になったかどうか!
点字は、まさにだいたいではいけない。私のこのペースでは、“習ってました”といえるのがせきのやま。
とても人のためといえるものではない。
次回(第四回)からは、「分かち書き」を習っていく。ここで追いついておかないと大変なことになりそうだ。

 さて、本日の内容であるが、前回に時間切れのため最後までいけなかったので、仮名遣いについてのルールを教わることから始まった。
①助詞の「は」「へ」は「わ」「え」となる。
   「私は…」の場合には「ワタシワ…」となる。
②墨字で「う」と書く、ウ列・オ列の長音は、長音符を使う。
   たとえば、「お父さん」は「オトーサン」(「お母さん」は「オカアサン」)となり、「牛乳」は「ギューニュー」となる。
この場合、動詞で「う」を用いるときは、「ウ」となる。たとえば、「合う」は「アウ」となる。
ただし、例外で、以下の語句等は、「オ」を用いてあらわすので、特に注意。
「多い」「大きい」「狼」「氷」「十」「凍る」「遠い」「通る」「憤る」「炎」「装う」
これらを見るとなんとなくそうであろうと感じるが、表音文字で捕えることが多いため、勘違いをしやすいと思う。実際に、一度その読みを書き出してみると「お」と書けるのであろうが、つい間違ってしまう恐れがありそうだ。音的に伸ばす場合、「う」「お」を用いるが、まずは仮名書きをする癖をつけねばならない。以前から幾度となく、気にしなければならないこととしているが、ちょっとした間違いで意味が大きく変わる。
  基本的に上記のように、現代仮名遣いに準じて書き表すのであるが、最も間違えやすいのが、次に揚げるところである。
「ジ・ズ・ジャ・ジュ・ジョ」と「ヂ・ヅ・ヂャ・ヂュ・ヂョ」
原則としてサ行を用いる。地震=ジシン
タ行連濁・タ行同音の連呼はタ行を用いる。底力=ソコヂカラ、気付く=キヅク
その他、ややこしいものとしてあげるが、原文がある場合はそのまま用い、それ以外は辞書を引く習慣を持たなければならない。赤血球=セッケッキュー、特価品=トッカヒン、音楽家=オンガクカ、パーティ/パーティー、ボーリング/ボウリング、キー/キイ、フイルム/フィルム

 なんでもない基本的なことではあるが、いわれてみると、ちゃんと書き表せないことが多いことがよく分かる。我々には漢字があることで救われている。漢字によって意味を理解することにもなれている。確かに日常では、どうでもいいことかもしれないが、仮名だけの世界では、かなり重要な自体でその使い分けを明確にしないと意味さえも伝わりにくくなる。
大人になるにつれ、そんなことはどうでもよくなった面がここにもあるようだ。気付けた時間を少しだけありがたく思う。

 本日の後半を利用して、数字・アルファベットであった。
数字のルールは下のとおり、
数符を前置し、四桁までひと続きに書く。万・億・兆などの位は、その発音を仮名書きする。12,345=(数符)1マン2345
少数は、小数符を用いる。分数は、一般の文では読み順に表し、分母と分子を1升あける。3+2/3=(数符)3と(数符)3ブンノ(空)(数符)2
おおよその数を表す場合は、それぞれ数符を前置する。2-300人=(数符)2(数符)300ニン
上記のように、原則として、数字に続く後は続けて書くが、問題となるのは、あ行とら行である。なぜかとういうと、点字で表す、数字(1から0)で表示が同じものがあるからだ。6点表示でいう①・②・⑤・⑥での表示できる五十音がそれにあたる。このような場合は、第一つなぎ符というのを用いる。「一列」=(数符)1(つなぎ符)レツ とする。これを用いなければ、“17ツ”となってしまう。
これについては気をつけなければならない。
その他の数の点字表記として、日本語に用いられる沢山の数字を含んだ語句の表示である。 二十歳(ハタチ)、二の腕(ニノウデ)、一人(ヒトリ)、二人(フタリ)。
仮名書きで、数の意味が薄い場合は発音どおりに表記するなど、どちらを用いるかはよく考えねばならない。
  次にアルファベットである。ここでも前置する点字により、その次の字が外字であることを表記する。一般的にアルファベットの文字や略称は外字符を使って表し、単語、熟語、文の場合は、外国語引用符でその間をくくる。
大文字には、大文字符を。一区切り全てが大文字の場合は、二重大文字符(大文字符を並べる)を前置する。

 日常用いられる語句について、だいたいは出てきた。
これらを確実に身に付けていくわけであるが、やはり、ややこしい!
今に思うと、我々の日常使っている言葉は、かなり多種多様であることが分かる。これだけ入り乱れたものを、たった6つの点の羅列で表現するということは、そのルールに至っても苦労されたことであろう。
  ニュアンスで用いたり、見た目によって表現を変えてみたり、なんとなくの部分で表現し、そして理解している。これはこうあるべきかそうあるべきなのか。
確信のもてる表現は、ここのこだわり(?)にゆだねられているようなところであろう。
「10g」であろうが、「十グラム」であろうが、読むことで意味は通じるが、それが目で見ることの意識(ビジュアル認識)によるイメージの方法により、表現付けているものなのか…
  点字でも、その表し方によるイメージを伝えなくてはならない。単に意味が分かればいいのでは…とは違って、我々が用いるような表現(カラー、自体、大きさ)とまでは行かないまでも、感じれる部分として理解し、その表現通りを鉄則とし伝える役目となろう。

またひとつ気が付けてよかった!

(宿題)
*外字交じりのややこしい、言葉の点訳。
*読み方の練習(墨字訳) その点字に間違いの部分が隠されている。

(つづく)

第二回 点訳技術講習会

平成14年10月10日(木)
2002年度点訳技術講習会 第二回 レポート

 今回、第二回目にして早くも点字を書くこととなった。
以前から、疑問であった、単純なことであるが、点字とは、御存知のように紙などに凹凸のある文字である。それを読むことに対しての観点はあったが、実際にそれを手作業によって作成するのはどのようにしていくのか。
これまで見たことのあるものとして、点字板、点字プリンター、点字タイプライターなどがある。しかし、その使い方など創造するにいたらなかった。一番明確なものとしての点字板は、板・定規・点筆からなる。
  さて、疑問となる点ではあるが、紙に対して、点筆を使って押していくのだが、どうしてそれが読むことができるのだろうか。その“どうして?”とは、“逆ではないか!”という点である。
そんな疑問を一瞬にして、今日の講習会で明確になった。
逆から書くのである。一度覚えかけの読む点字が書くとなると逆さになる。六つしかない点が逆さになるとまったく表示が変わってくる。さらに、右から左へ打つのである。これは大変なことである。
しかし、以前にも述べた通り、大変と思った時点から身につかない。間違うことなく覚えることをしなければ、本来意味のないことなのである。

 さて、実際に打つこととなった。
これがなかなか簡単には行かない。まっすぐに力を入れすぎず押すことが難しいのである。これができないと紙が透き通る程度ではあるが、破けてしまう。そうなると、その点字自体が潰れやすいものとなるばかりか、それだけではなく、点読者の指を痛める原因にもなるそうだ。

 打つほうも間違いなく打つことは楽ではない。我々のように消しゴムで消すなどと簡単にはいかないからだ。間違った場合はどうするか。それがまたひと苦労である。指で触れて分からなくなるくらいに、その凹凸をへらなどで潰すのである。 あまりかっこよくないので、数が多くなると再度やり直す。
正確さを求められるところである。ゆっくりでもいいから、間違わぬことが賢明だ。

 点字は、板の上に紙をのせ、固定し、定規(点字用)をあて、点筆により打っていく。定規は、32升2段になっている。点字板を使っての一般的な標記は30升16行打てることとなっている。標準での点字の表記は32升22行である。

 点字のルールとして、打つときに問題になるひとつとして、仮名遣いがある。
これもまた覚えておくべきところである。点字の場合、現代仮名遣いと違う点がいくつかあるので、下に記すと、
点字 墨字
拗音の表記 拗音符(④の点) 「や・ゆ・よ」の小書き
促音の表記 促音符(②の点) 「つ」の小書き
特殊音の表記 点字一覧参照 点字一覧参照
助詞の「は」の表記 「わ」と表記 「は」と表記
助詞の「へ」の表記 「え」と表記 「へ」と表記
「お」と発音する「う」列の長音 長音符(②⑤の点) 「う」と表記

(宿題)
*かかれた点字の墨字訳、さらに点訳
……前回とは違い、濁音や半濁音、拗音など様々用いられて少し戸惑う。
*文章の点訳 「あいうえおのうた」

ここにきて身に付けなければならないことが沢山ある。がんばらねば…。(つづく)

第一回 点訳技術講習会

平成14年10月3日(木)
2002年度点訳技術講習会 第一回 レポート

 今回から本格的に点字について勉強していくわけである。この講習会のはじめに、館長の挨拶があった。挨拶は、点字の必要性を中心に、理解しやすく述べられた。ご本人も目に障害をもたれておられるが、微塵も感じさせない素振りと、堂々としたその姿勢に力強さを感じた。心のもち方を正すことも学ばせていただくこととなろう。

 さて、講習会である。前期後期を設け、半年間の勉強となる。途中試験があり、後期につながらない場合もある。これから12回にわたって前期の講習会となり、毎週木曜日13:30~15:30が予定とされる。無論、その時間だけでの勉強で身につくものではない、宿題を与えられ、その時間も有効に当てて、習得を目指すこととなる。この講習会にあたっては、専門的に技術を追求する方、ある程度の基礎を会得し、それぞれの分野で普及活動に役立たせる方などが参加している。私の場合は、後者に含まれる。社会において、だいそれたことは、一個人としてできるとは思わないが、幸い私自身は店を商っている。そこで、こういった団体の真剣な活動を一人でも理解していただき、まがい物でない、本来の意識の普及にお手伝いできれば…。
  企業が、点字表示商品の開発されることや展示の企業内セミナー、及び資格制度が設けられてきている。評価は、どちらともいえないのが現状のようだ。
決して営利目的ではない、心の通ったものの普及を心がけなければ意味はない。心の通ったもの、すなわち、相手の気持ち、立場になることを忘れてはならない。

点字の歴史
  ローマ時代・・・タベラ文字(盲人用に考案されたはじめての文字)
1825・・・ルイブライユLouisBrailleが6点点字を考案

点字の意義
  文字には色々ある。書いてあるものを読む文字。音で聞く文字。手で触る文字。
点字の歴史上、他の文字とはかなり遅れたかたちとはなったが、これにより、視覚障害者が自分で読んだり書いたりする『文字』ができたといえる。
近代にいたっては、点字サイン、ユニバーサル商品なるものが少しずつ普及し、小学校の現代国語教科書にも表示されるにいたる。
そこには、“障害者がいるということ”を忘れてはならない。

点字の概要
点字と墨字
視覚障害者が主に指を使って読んだり書いたりする文字を『点字』といい、それに対し、晴眼者が目を使って読んだり書いたりする文字を『墨字』という。比較すると以下のようになる。
点字 墨字
触読文字 視覚的(目読)文字
表音文字 表音文字・表意文字
一時的把握 継時的把握
部分 ⇒ 全体 全体 ⇒ 部分

点字の特徴
  点字では、情報を理解するのに、一文字毎を理解し、全体を把握する。我々における文字は、ただ気にすることなく、全体の構成を捕え、感じた上で、ここをつなげ読む。これは、ただ同じ情報が、漢字で部分がひらがなで表記してあるだけでも読み辛くなることを考えれば、点字はより違う捕え方をしていることを理解すべきことである。
さらに点字の場合は、文字による強弱、カタカナ、英表記、色表示などがあるものではなく、22音32升内の6点を読むわけであるから、より正確に伝えることは最低必要となる。

点字の構成
  六つの点で構成されるパターンは、スペース表記を除いて、63通り。母音が基本となり、行によって組み合わされる。
ルールはほとんど決められているので、思ったより難しくない らしい !

(宿題)
かかれた点字の墨字訳
……しりとりになっている。

(つづく)

第二回オリエンテーション

平成14年9月19日(木)
点訳講習会 (日本ライトハウス) レポート

 本日の講習では、前半に視覚障害者と接する心構えについての説明と後半、3名の全盲の方にきていただいてQ&A式での説明となった。

 実際に目の見えない世界とは、ということでアイマスクによる歩行を実体験することとなった。補助して頂いてるとはいえ、その恐怖心は予想以上のものだ。階段の上り下りをしたが、補助していただいた方を信じるしかなかった。われわれにしてみれば、急に目からの情報が失われた恐怖感もあるわけだが、障害者の方と状態は同じである。街で白杖もたれてる方と会うことがまれにあるが、声をかけることの必要性を確信付けた。さすがに相手の方の事情もあり、全ての方がその声に答えてくれるわけではないが、それはきっかけである。手伝ってほしいと声をかけられることより、声をかけるほうがたやすいことは明らかである。
  特に難しいことではないが、最低限の心がけを持つことで、快く対応できるものである。それは、“手引きしてもらっている人の安全性”を第一に考えること。
方法として、一歩前に立ち、力を抜いて肘か肩を持ってもらう。このとき、左右どちらがよいかを尋ねるとよいかも。肘や肩は、体の進む方向に素直なため、理解しやすいとされる。狭いところを通るときは、その肘を体の後ろのほうに持っていくことで、注意を促すことができる。溝などを跨ぐ時は、手前で止まり、確認し、先に進んで、状態を理解していただいた上で超える。全てにいたって、声をかけることは、より多くの情報を与えることとなるのでよい。
なかなかその方に成り代わった気持ちにはなれないものの、安全に安心に、そして信頼して頂けるように振舞うことが大切なのである。気負うことではないが、そんなに簡単なことでもない。ただ、声をかけることで始まることは多いので、その気持ちは常に持っていたいものだ。

 後半、実際に声を聞かせていただくこととなる。三人の方は全盲である。第一に感じたことは、とても明るい気持ちをお持ちだということ。それまでの時間で、実に重たい感じも無きにしも非ずではあったが、目が見えないことを除いては、なんとも普通の方である。全ての方がそうとは限らないが、われわれ健常者と比べても、何ら変わりはない。会話の中で感じれたのは、むしろ、われわれよりも前向きに生きている。
  実際、我々は情報過多の中で特に気にすることなく生活しているが、彼らは、もっと知りたい、感じてみたいことを主張されておられた。パソコンの普及と音声ソフトの進化に伴い、情報が入手しやすくはなったものの、まだまだ困難な点はある。実際、図・絵・写真・表などが的確に読取れないことや、ほとんどのページがビジュアル重視になりがちな点を指摘しておられた。そのほか、取扱説明書など、生活レベルでの即応性を求めるものの対応がなされていない点などは、確かにその通りであろう。目に見えていることが普通であれば、気付かない事かもしれないが、決して無視できないことである。もしかすると、そこに次の時代があるかも知れない。
最後に、して欲しいこととして、述べられていたことは、
・相手のことをよく考えることが大切。個々によって違うため、マニュアルじゃない対応を求めたい。
・無理しないで接してほしい。
・声をかけてもらう。

 実際知りたいという欲望は、先に述べた通り、我々よりも強いかもしれない。その情報量からすると、日常においても不安なことは沢山ある、これはどうなっているのか、その危険性の有無、神経はかなり使っておられる。確かに我々からして気付き難い点ではあるが、そんななんでもないところに手を差し伸べ、明かりを灯すことができる、そんな気がした。

(つづく)

第一回オリエンテーション

平成14年9月13日(金)
点訳講習会 (日本ライトハウス) レポート

今日は、点字技術講習会のオリエンテーションということで参加。

視覚障害者は、たまたま目が見えないのである。
冒頭、説明にて解説があった。確かに、その意識は、目が見えないことへの差別を知らない間に対応している特別なものから、はたと気付かせるものであった。
社会福祉法人 日本ライトハウス は、地域のボランティア団体とはまた違い、組織とその総合力、歩んできた経緯は、本質に近いものであろうと確信。それは、必要とされるものである。
現状、移動手段と情報入手がまだまだ困難なため、社会参加にバリアが生じ、本来保障される権利を保持できるよう、力添えができればと考える。『ノーマライゼーション』の理念を少しだけかいまみれたようだ。

視覚障害者は、30万人。全盲・弱視の方がそれぞれ半数ずつおられる。
低年者の視覚障害者は、減少している。逆に高年者が増加しているのは、他の病気からの障害からも多い。
点字はその全体から10%程度の方が読めるほどである。現状中高年からの視覚障害では、指先の感覚が鈍くなるため、取り組み始めることは困難である。昨 今、点字離れが多いようであるが、その需要が少ないというわけではない。多義にわたって、情報の入手は様々ではあるが、点字の必要性は、求められる点字媒 体の量から察するにまだまだ、少ないものである。

現在、パソコンの普及に伴い、ネットワーク化され、全国でその点字図書は共有できるものとしているが、先にも述べた通り、まだまだ少ない。
簡単な話し、パソコンで点訳が容易にできるように思われるが、実際には構成は人の手にかからないと不可能な要素が多大であるため、年間300タイトルしかできない(日ラにて)。
国も企業も、ここにきて積極的には取り組みが見られるようであるが、あと一歩物足りないのが感じ取られた。その点は、実際これから、講習会および講義にて、理解できれば・・・。

(つづく)