Blog

第十一回 点訳技術講習会

平成14年12月12日(木)
2002年度点訳技術講習会 第十一回 レポート

 点字に関する講習は、全般的に終了しているので、本日はほとんどが復習であった。講師の方が、間違いやすいとされているところを箇条書きにしたものを用意されておられた。本来、自分がこのような形でまとめ上げなくては、いつまでたっても理解できない。きれいにまとまっているようにうかがえたが、まだまだ、その微妙な違いが理解できていない為、単に対比された羅列でしかなかった。私の実力を思い知るにはちょうど良かったかも(?) ここでは、特に復習となるものが中心なので、挙げるのはよしておく。

 その後の時間は、前回行われた模擬試験の解説に充てられた。なんと、一人ずつ講師の方から面談のように呼び出され、間違っている箇所の指摘、指導及び警告を告げられると言うものだ。私の番になり、怖々席についた。 出された解答用紙は、予想通りに真っ赤であった。 
レベルについて、指摘を受ける。一般社会レベルでは、通用するかもしれないが、まだまだ、役に立つものではないことを、はっきり告げられた。 なんとも悔しいものである。 分かってはいたものの、実際言われると、とても辛いものがあった。 確かに、その解答用紙の中身に目を転じてみると、指摘箇所は、ほとんどが、早とちりによるものであった。 脱字があったり、語尾を勝手に判断し、変えていたりで、恥ずかしくなるものがそこにあった。 講師の方からすれば、これでも優しく言ってくれてたのだとすぐに悟った。
毎回のように、講習の終わりには、“ゆっくりで言いから正確に!”“必ず見直すこと”のに点を言われていたのが今になって、よく分かる。 まるで、自分に対して言われていたのかと思われるようだと・・・。
もう反省ばかりしてられない。
  来週は、前半最後にあたり、試験が行われる。前回の模擬試験同様、何の持ち込みも構わない。これが最後。注意する点を自分なりに復習することを繰り返し行わなければ・・・。もう恥ずかしいのはたくさんだ。試験の内容も、だいたいは伝えられているので、少しは安心だ。そんなに難しくない、小学生の教科書レベルであるらしい。 実はそれが、逆に難しいのだ。注意する点は、絞られるので、何とかまとめ上げて、自分なりの解答で言いから、用意していくことが、全ての意味においての復習になる。これだけは、なにが何でもしていこう!

 残った時間、実際に館内で、点字の活動をされておられる方をゲストに、会話がなされた。ひと方は、実績3年で、現在年間4冊の本を点字化、その他小学生の教科書を点字化しておられる。それとは別に、現在、地球儀の作成を手掛けておられるそうだ。点字の地球儀とは、これ恐れ入った話である。今までにも、いろいろな大きさでチャレンジされた方は幾人かおられたそうだが、直径65cm程の大きさで、色んな角度から、それについて考えながら、点字に用いる素材などを研究している事を説明しておられた。 もうひと方は、実績は長年にわたるらしい。女性だけに・・・ということだ。その方は、早くから、楽譜の点字化をされておられる。本屋などで、興味があり、一度目にしたのだが、今現在教わっているのが基本とすれば、それは、応用でもなんでもない。とんでもなく、表記が違うのである。確かに墨字でいう五線が点字の世界でどのように表すのかが興味あったわけだが、一変にうせた記憶を覚えている。
  共通して、おっしゃられてたのは、愉しいということ。例えば、それが義務的だけのものなら、大変と感じたかもしれないが、それに対してこつこつしていると、どこかからお声がかかり、色んな世界が開花された。と、お二人とも、笑顔で述べられておられたのが印象的であった。
  私に何ができるのかは、分からないが、直接であろうと、間接であろうと、せっかくこのような形で、学ばせていただいたことに感謝し、この団体及び個人レベルに至るまで浸透した姿勢について、力添えできる何かをお返しできるよう、今後も取り組んでいきたい。

 来週は、試験。

(宿題)
*点訳
次回に引き続き、『はちとハチミツの統計学』の点字。

(つづく)

 

第十回 点訳技術講習会

平成14年12月5日(木)
2002年度点訳技術講習会 第十回 レポート

 本日は、講習というよりも、ほとんどの時間が模擬試験に充てられた。
問題は、長文の墨字に対して、その文中の点訳が5問、別紙点訳した点字の誤り探し10箇所、点表記された文の虫食い問題、であった。
その解答に対して、特に何を見てもいいとのことであったため、必死になって過去のレジュメや本などを読み返して調べた。とはいっても、そんな簡単に該当する分かち書きがあるわけでもなく、多少てこずる結果となった。
  その文のタイトルは、『午前10時 — 心筋梗塞の好発時間』 というもので、とにかく文中にはややこしい医学用語や英語、カタカナがふんだんに使われている。特に括弧書きなどによる説明書きが多く引用されていたため、非常に苦労した。今までに習った表記に関して、特別悩ませるようなものが多様に用いられていたことで、この模擬試験により、余計に混乱してしまった気がする。
しかし、こうして挙げられた内容とその点字と見比べることで、繰り返し出てくること(POINT)などは、逆に簡単に思えるようにはなってきている気がする。以前から、講師の方もおっしゃられるとおり、”なれ”とはこういう事をいうのであろう。
  最初は一時間のはずの試験が、いつの間にやら30分も延長する結果となった。読み返し、読み返しをして入間に、時間はあっという間に過ぎる。ただ、延長してくださったにも意味がある。確かに、これは時間との問題ではないのだ。それよりも、いかに正確に間違うことなく点字を習得することを意味しているもの。 だから、何を見てもいいといわれたことにもうなずけた。そうは言っても、本当は、逆にプレッシャーなんですよう! 何でもそうで、与えられたものを限られた中で こなす だけでは、大してものにはならないのだと・・・。 自分で解く過程が、更にその責任感をも育てるものだと・・・。

 点字の勉強なのだが、色んなことを教わっている気がした。
そのカリキュラムや、この団体の志にいたる面を、そんなところから垣間見た気がして、とても嬉しく思う。如何に点字表記を覚えるかは、ひょっとして二の次なんだろう。確かにそれは大事なことに違いはないが、そこには必ず、何のためにしているのかを考える時間が与えられているようだ。

 大半を上記内容(模擬試験)で費やしたため、その他の時間に関しては、質疑に充てられていた。その間、前回の宿題を返していただいたが、初めて誉められた。なんてことはないのだが、うまく点字を打てている点を誉められたのだ。点がはっきり押されているとのこと。 何でも良かった。誉められた事実がそこにあることで、なんだかめげかけていた自分にやる気が沸いてきた。 この年になって、喜んでもらうことはあっても、そう誉められることなどはないものである。 これは俄然気合を入れなおさねばなるまい。

 来週は、今週の模擬試験の講評と総復習。そのほかには、実際に点訳などで活躍されておられる諸先輩の方に話を聞くこととなっている。

(宿題)
*点訳
今回の模擬試験同様、少し表記がややこしい文。
タイトルは、『はちとハチミツの統計学』。

(つづく)

 

第九回 点訳技術講習会

平成14年11月28日(木)
2002年度点訳技術講習会 第九回 レポート

 実際の書き方としての講習に入る。前回までの間で、宿題など実際に点訳する際にも注意されていた点も含み、段落や見出しなどのあらわし方を教わった。

   本文の書き方
  文章の書き始めや段落など行替えの箇所は3マス目から書き(行替え)、ひと続きの文がその行に入りきらない場合は、区切り目から次の行に移して一マス目から書く(行移し)。
  マスあけしないで続けて欠かなければならない語句などがその行に入りきらない場合は、2行にまたがらず、そのまとまり全部を次の行に移して一マス目から書く。
  行の最後のマスまで書ききって行末にマスあけの余裕がなくても、行移しをすることによって、一マスあけ又は二マスあけしたものとみなす。だから、行移しの場合は、行頭でマス空けすることはない。

   見出しの書き方
見出しの書き分け
  見出しは、大きいものほど書き始めの位置を下げて書く。大見出し9マス目、中見出し7マス目、小見出し5マス目が目安。いずれも奇数のマスから書き始めること。見出しが1行に入りきらない場合は、書き始めのマスから更に二マス下げて2行目以下を書く(2行目以降はそろえる)。
  見出しが変わる場合は、前の本文と見出しとの間を1、2行あけたり、線を引いたりして読みやすくする。
  本文がそのページの最後の行で終わった場合は、見出しは新しいページの1行目から書く。見出しが長く、ページをまたがる場合は、全体を次のページに写す。

小見出し符
  本文と同じ行に、ゴシック体や太字でかかれている見出しは、小見出し符(⑥の点+③と⑥の点+空)を後ろにつけて表す。小見出し符をつける見出しは、3マス目から書き始める。
  見出しの語の最初に段落や序列を表す数字やアルファベットがついている場合は、その後ろを二マス空けて見出し語を書き、数字などにピリオドやカッコ類がついている場合はその後ろを一マス空けて書く。

   墨字通りに点訳できないもの
記号の優先順位
第一順位
・句読符の前は続ける。
・囲み符号の内側は続ける。
・破線の前後は続ける。
第二順位
・符号のあとのマス空け(句点の後ろ2マス、文末の疑問符・感嘆符2マス、文中の疑問符・感嘆符1マス、読点・中点1マス)
第三順位
・棒線・点線・矢印の前後1マス。
第四順位
・囲み記号の外側は、他の記号や分かち書きの規則にのっとって書く。

 ここへきて、かなり本格的に見せられることとなってしまった。確かに、これまでの問題や宿題などは、その伝えるないようそのものに重点をおいていたのだが、なるほど、それだけではなく、日常で使われている墨字を想定したものとなってきた。現在、誇張した広告など、色そのものから伝えるイメージの中で、文字の属する意味が省かれてきている。そのようなもののなかから、情報として取り入れて活用していく世の中であろう。イメージを大切にする観点もさることながら、読み手にその視点となる、まとまりや段落、総称して捉える点を設けなくてはならない。伝えたらいいのではなく、伝わりやすく納得・理解してもらうのが第一の目的なのであろう。その意味においても、本日教わったことは非常に大切なとことで、ルールを間違えるわけには行かない。
せっかくの伝達手段として、間違いのない点字であっても、その表記上において、伝える優先順位がばらばらであれば、読み手にしても勘違いも起こしかねない。
  沢山のルールをここでは、教わることとなった。現実、今までの講習の中で教わった点表記のルールも交えると、今回宿題に出された文は、少し腰が引ける思いだ。
手当たり次第に、色んな参考資料を見ながらでも仕上げていかなくてはならない。

(宿題)
*点訳
  段落、記号、数、アルファベット、各種記号が沢山盛り込まれた文。

(つづく)

 

第八回 点訳技術講習会

平成14年11月21日(木)
2002年度点訳技術講習会 第八回 レポート

 前期の講習も残りわずかとなってきた。点字の表記と分かち書きを今まで教えていただいたのであるが、そのボリュームは、かなりのものである。教わった量からすると、私自身の満足度では、40%程。これを人に伝えるとなると20%程の出来ではなかろうか。
以前から、努力しなければならないことはわかっているのだが、なかなか時間が取れるものではない。いつのまにか自分自身に対する甘えも出てきているせいもある。とにかく数をこなさなければならない。この場合は、こうだという理論も、体で覚えなくては何にもならない。
回を重ねるにつき、その応用がいくつか有り、新しく学ぶのは以前に習ったものに加えて進む。ああ、これはどうだったっけ、ではとても追いつけないスピードである。

 今回は、記号・符号・囲み記号の表記であった。勿論、その応用は過去に習ったものを多く含む。
句点 ・・・原則として原文どおりに表記する。次の文頭は2マス空ける。句点の後に括弧やカギの閉じ記号がくる場合は、続けて書く。
読点 ・・・読点の後は1マス空ける。数字が重ねて書いてある場合は、省略して数字だけ書く。5,600円→(数)5600(つなぎ符)エン
(注)箇条書きで「一」「一、」は、数字で表し、読点を句点に置き換える。「ヒトツ」と読む場合は、仮名書きする。
中点 ・・・原則は墨字どおりであるが、分かち書きとの関係などで原文にある中点を省いて書く場合がある。「七・五・三」→(数)7(数)5(数)3 のように中点を省く。
疑問符・感嘆符 ・・・表記方法は句点と同じである。疑問符は、2・6の点。感嘆符は、2・3・5の点。よくあるのが続けて書く場合(?!)であるが、この場合、マスをあけずに続けて表記する。
囲み記号 ・・・基本的に全て、囲み内側に続けて書くが、外側は原文による。
カギ ・・・必ず、閉じ記号を忘れてはならない。第一カギ 「・・・」 会話文や強調、引用文に用いる。二重カギ 『・・・』 会話文中の会話の引用、書名、雑誌名、新聞名など。第二カギ “・・・” 第一カギの中で特に強調して表す。
括弧 ・・・説明や挿入に用いる。順番などを表す数字の①②・・・などは、(1)(2)・・・を使う。
A ( B ) とある場合、BがAに対する説明の場合は、括弧の次はつなげる。Bが別のことを表現する場合は、括弧の次は一マス空ける。
線類 ・・・棒線(――)は、2マス使って表示し、前後1マス空ける。点線(...)は3マス使って表す。
  墨字の場合は、特に視覚的に目立たせるために記号を多様化するが、全てを点字で表すのは問題であるとし、上記に挙げたものがほとんどである。

 全般を通して、一通り点字に関することは講習を受けたことになる。あとは、段落など、実際のケースをどのようにして点字で表すかというところを残している。この時点で、先に述べたとおり、きっちり抑えていない部分が沢山ある。数字、アルファベット、分かち書きなどである。分かち書きにいたっては、まだまだ自信がない。先日の宿題を返していただいたが、予想通り、真っ赤であった。気の毒なほど、訂正を入れてくださっていた。補助動詞、助動詞、サ変複合動詞など、いたるところで分かち書きがうまく表記できていなかった。確かに教わったことを思い返すとそのとおりである。まだまだ私の中で、感覚がずれているのだろう。そこにはルールがある。そのルールを身にしなければならない。そんなメッセージであった気がした。

 この講習がひととおり終わった後、後半は、前回の宿題を隣の方と読みあわすこととなった。まず、私から読むこととなったが、とてつもなく時間がかかった。自分自身の直感で読むことになれている為、一文字ずつ確認しながら読んでいくことは非常に時間がかかる。
墨字の場合、まず文を読むときは、全体を瞬時に把握し、文字を文頭から追い、先に含む文字をどんどん見ていくことで感覚により文を理解し、読んでいると言える。
今、私達が取り組んでいる点字はそうではない。目で追っていくことは出来ないのだ。触読が出来るわけでもない為、一文字ずつ、多くても3文字ほど先をつなげて読むしかない。こんなふうに読むことで、その文の意味がまったくといっていいほど、記憶にもない。触読がままならない我々にとって、おそらく前者に挙げた墨字のように、先を目で追えるほど、点字を見慣れることにより、精通しなければならない。
  数多く読むことが、現時点でしていかねばならないことであろう。その中で、分かち書きのパターンも次第にみえてくるはずであろう。
毎回、反省の連続である。

(宿題)
*点訳
  前回の宿題の読みあわせにて、相手の方の文を点字化する。

(つづく)

 

第七回 点訳技術講習会

平成14年11月14日(木)
2002年度点訳技術講習会 第七回 レポート

 今回のところで、分かち書きが終了することもあって、宿題や講習時間中に行われる練習問題では、ほとんどが日常会話に近い文章となってきている。それとは、どういうことかというと、単純でないということ。気付いてはいないが、現在の会話上では、かなり複雑な言い回し、特に造語はよく利用する。どこまでが造語か、どうかなのかはこの際構わないが、分かち書きにおいては、ルールを逸脱したところに行ってしまうこと多々ある。くしくも、そのレベルで伝えなければ、意をなさぬもの。
  今回も練習問題において「**する」といった言い回しで引っかかった。分かち書きで、これは複合語の分かち書きになり、上記のようにサ変動詞の場合は多様化する。(サ変動詞以外の複合語は続けて書く)「命ずる」、「心する」など漢字一字に「する」がつく場合は続ける。この場合のような連濁する場合は必ず続けることになる。注意しなければならないことに、「愛する」「恋する」では、「愛する」は続けるが、「恋する」は区切る。この場合「する」の前に(を)を入れたとき、「する」の意味が強い場合は、「恋」は名詞であると理解し、区切ることとなる。対照的に、「する」の意味が弱い場合は、「愛」の一字で名詞とは判断しにくく、つながった分節となる。
  後先が逆になったが、複合語の基本をここで簡単に明示する。
  複合語で代表的なのは、複合名詞である。「桜並木」は区切るが「松並木」は区切らない。これは、3拍以上の意味のまとまりが二つ以上ある場合は区切って書く。「被保険者」はきらないが「非日常」は切る。この場合、どちらかというと「非」は強調の度合いが強く、つなげると分かり難く、発音するときも特に区切られたようになる場合が多い。中には、「被」と同じく、続けて用いることが常であるときは続けるということもある。「非 常識」というよりも「非常識」という用い方がそうである。
  一般に強調する場合、意をはっきりさせたく用いられる語は、区分けして書くことが基本である。
  複合語は、上述、多様であり、今後も日常での言い回しにおいても、簡略化して伝える場合など、新しく増えていくことは必須である。ややこしいところではあるが、こなしていくことで慣れ、一種のパターン化するまで繰り返さなければならない。
  分かち書きの最後となったが、固有名詞の表示方法を習う。比較的、今までの分かち書きに比べて難しいものではない。人名を表す場合、一般に苗字と名前の間は区切る。人名のあとに「さん」「様」「君」「殿」「氏」「兄」がくる場合は、その前で区切る。それ以外の敬称・尊称・官位などは。それが3拍以上の場合は区切り、「**家」のように2拍以下は続ける。「大阪湾」は続け、「襟裳岬」は区切る。

 通常の講習が終わった時点で、先に述べた練習問題であった。
  今回、私は私事、遅れて出席したため、席は一人であった。テーブルには二人掛けしており、その相手の方と練習問題を読み合わせ、間違いを見つけるというものであった。一方が点字を読み、それを相手の方が墨字でチャックする。間違いの内容は、今まで習った応用が用いられ、なかなか見つけることは困難であった。普段、気にすることなく読んでいるのだが、だいたいで読んでしまっているのがよくわかった。点字書きの誤字がいくつか有り、分かち書きにいたっては、気にならぬほどになってしまっていた。実際に声に出して読み合わせるのだが、読むことで必死なのが、正直なところ。かぎかっこの一方が抜けていることなど、わからなかった。まだまだ、レベルが低いところにある自分をかいまみた気がした。その日、帰ってから反省し、参考書となる本を注文した。「点訳の手引き」(全国視覚障害者情報提供施設協会)、「日本点字表記法」(日本点字委員会)と二冊の問題集「点訳問題集1・2」(全視情協)
まずはこれらを読みきってみようと思う。

 本日、帰りに、同じく受講されてる方といっしょになり、お話をした。おばさんである。彼女は、既にボランティアで点訳に携わっておられる。私が「難しいですよねえ」というと、彼女は「ここは今まで勉強していた人が、さらにのぞんで勉強しにくる講習なのよ」といわれた。
この講習の最初にもあげたとおり、町のボランティアとは、はるかにレベルは違う。やってますとは違うのである。具体的なお話を聞くことでその違いを理解し、ますますやる気が出てきた。

(宿題)
*点訳
  [注意点]
  点訳したものを読み返す。
  点筆をまっすぐにおろし、均一に点が出るように押し切る。

(つづく)

 


© 2018 MAGATAMA cafe×dining.

| ACTIVITY | ALCOHOL | COMBO | CONTACT | DINNER | EVENT | MENU | NON-ALCOHOL | PARTY PLAN | SHOP | Shop Photo | STAFF | SWEET | www.magatama.net | Page Top ↑