Blog

第四回 点訳技術講習会

平成15年1月30日(木)
点訳技術講習会(後期) 第四回 レポート

 前回、私事、講習を休むことになり、今回の参加には、少し気が進まなかった。今までのスピードで言うと、一日休むことは、そのことだけでプレッシャーになり、その次回もまたどんどん遅れていく。現実、理解できないことが、遅刻して参加した日にだって感じられた。
  そんななか、遅れることもなく、参加した。
  いざ部屋に入ってみると、いつの間にか人数は10人前後になっていた。皆さん、いろいろと事情がおありなようだ。始まったころはいっぱいだった席も、今では前の3列で足りている。こられている皆さんは、いつもより前のほうに陣取っている。どうやら、テーブルにはパソコンが置かれているのだ。そのせいもあって、部屋に入ったときも整然としていたし、二人ひとつのノートパソコン、ということもあって、部屋に入ったときに人数が減ったと感じられたのであろう。
  さて、本来点字の事について書きたいのであるが、先に長々と、取り留めのないことを書いているのでお分かりのように、本日は特に、点字に関することを習ったわけではないのだ。
そのほとんどがパソコンによる点字入力、というものであった。パソコンは、IBM ThinkPad。そふとは、WIN-BES。前回に紹介したソフトである。特に何が優れたソフトであるかはまだわからないが、点字入力がベースとなるための一番いいソフトだそうだ。他にも、かな入力に対応しているものもたくさん出ているが、日本ライトハウスでは、本ソフトを使用することが主だそうだ。いつの間にやら、私は一番前で講習を受けることになってしまってた。空いている席がそこしかなく、二人ひとつのパソコンということで、前に行くことになったのだ。なにやら、除いてみると、パソコンは盲人仕様化されている。いきなり、何かしゃべりだしたのだ。いろいろと触った感じでは、少しだけ、皆さんたちより馴染めそうな気がした。席の後ろのおばさんたちは、いろんなところで、喚いていた。でも、ところどころで、想像も品様な表現をされるには、なんだか和める。いい環境である。WIN-BESでは、凹入力・凸入力によって変わってくる。今日の重要なポイントだ。それだけ。
後は、『め』の入力をしたときに、うしろから、「BCG!」 と聞こえてきてから、延々、最後まで、このマークはBCGやわ!といい続けていた。
  なんとも良い講習会である。

(宿題)
*特になし。

(つづく)

 

第二回 点訳技術講習会

平成15年1月16日(木)
点訳技術講習会(後期) 第二回 レポート

 後期にはいって、パソコン点訳を習っていくことであったが、基本的な操作を習うのは、もう少し先になりそうだ。なんと言っても、点字が何たるやが理解できないことには役には立たないものである。パソコン点訳に関して、本日の講習が終わってから、ネット等で調べてみた。技術的にはかなり進歩はしているようだが、その確立は90%前後との事だった。以前にも記載したが、記号の用い方や、分かち書きに関して、まだまだ変換が上手く出来ないようなのだ。思い浮かべてみると、ワープロソフトなどで、文字入力したときにでも、思っている変換とは違ったり、妙なところで区切られたような変換などまであり、実際人の手によって修正が入る。そのようなもので、いくら学習機能を持ったところで、最大限に発揮できても正解率は90%となるそうだ。ましてや、分かち書きに限っては、仮名の品詞分類を問われるわけだから、修正を覚えこませていったところで、莫大なファイルとなっていきそうだ。例えば、『なくなる』という墨字表記では、人がなくなる場合は単純に続けることが出来るが、ないが形容詞に分類されるものであるか、助動詞であるか、前後の文によっても変わってくる事さえある。分かち書きに関しては、各人のとりようによってさえ変わってくるのだ。確実にいえるのは、自立語の前は切るということ。なぜそこできって、ここではきらないのかについて、きちんとした理論を持つことは重要である。講師の方曰く、そのことを知らずしてアテハメ的な捕え方による覚え方は良くないそうだ。前述のなくなるということば同様、明らかに内容をつかむことで理解していくことが大切。
実際、本日の講習において、『点訳の手引き』(全国視覚障害者情報提供施設協会 発行)の本の内容に、修正がいくつも入るという実態だ。なんとも、嘆かわしくもなるこの実態は、全国レベル的には統一されたものでないということだ。例えば、講習の中においても、何かの本を点字にする場合、基本的なことは明らかに統一された点表記であるが、細かいところにおいては、その点訳者の判断も含まれ、ルールとしては、その判断を最後まで統一させればよいとの見解だ。点訳において、その見解もまた大きく間違ったものではない。ただ、日本ライトハウスという団体においての統一された基準を設けることは、その図書を利用する触読者にとっては安心につながることは言うまでもない。
  ということで、『点訳の手引き』の修正箇所をチェックしていくことで、今週と来週は充てられる。その箇所についてを軒並みならぬスピードで、伝えられていき、ヘナヘナもんだ。要は、復習をしていくしかないということだ。パソコンにはいると、特に操作性だけの問題なので、私にとっては時間が出来ると思う。こられてる方の中にはパソコン初心者の方もおられるみたいなので、焦らないで助かる。実際使用するソフトに関しては、既にネットからダウンロードして多少ではあるが触ってみたことがある。ソフト自体は、複雑なものではなさそうであったのだが、やはり問われるのは、そこに打ち込んでいく正確さであろう。とにかくどんなにいいソフトがあったところで、腕に自信をつけないことにはだめって言うこと。追いつくチャンスなので、取り組んでいかねば!

参考ソフト参考ページ  点字エディタ

本講習会にて使用するソフトは、 Win-BES99

(宿題)
*墨字文を、仮名書きせよ。

(つづく)

 

第一回 点訳技術講習会

平成15年1月9日(木)
点訳技術講習会(後期) 第一回 レポート

 前期終了時に行われた試験になんとか合格し、はれて本日から後期へ進むこととなった。
点字に関しては、無論これまでの復習をこの3ヶ月間で、繰り返し行っていくことになるのだが、これからは、パソコン点字をメインに学習することとなる。
  パソコン点字は、禁則.行末処理を自動で行ってくれるという安易さから、特に調べることなく先へ進むことが出来る利点はある。しかし、それは逆にずさんな処理を招いてしまう恐れがあるともいえる。今まで以上に心して、かからなくてはならない。前期でも、何度も言われていた注意事項の一つに、見直すことを重要視していかねばならない。普段、我々にもあることだが、パソコンは確実といった勘違いが、恐ろしい結果を導くことになる。そこには、いとも簡単に間違うことである。これから学習するパソコン点訳は、6点入力方式である。自分では、確実にキーを押したつもりでも、タイミングのずれや、その押し加減によるものなどで、うまく表記されないことも多く出てくる。例えば、”め(6点全てを押す)”と打ったつもりが、4の点が押されてなくて、”み”と表示される。確実に打つことが大変苦労しそうだ。

 パソコン点字には、仮名で打つものもあるそうだ。しかし、それを標準化していない点にも理由がある。なるほど、仮名で入力していければこれほど作業的に楽なものはないのであるが、そこには、表記できない記号や表現が山のようにあるので、そのキーを覚えるほうが苦労するそうだ。なるほど、点字に精通していこうとするものにとっては、そのあたりの当為知性が取れている方が、何かとよいとも感じれる。そのうち、完全なる変換機能を持ったソフトが開発されるまで、一途に6点点字にどっぷりいって見るのも良いだろう。パソコン点訳をしていくには、読む力をもっとつけていかなくては、打つことにもつながらないし、これからの講習において、読むことは最低基本的要素として、基準を高め、スピードも上げていかなくては、新しいことを覚えるに障害をきたすこととなる。
なるほど、想像していたパソコン点訳とはかけ離れ、基本的に点字に関する知識がないとまったく意味をなさないことが分かった。
  後期から、前期で使用していたテキストから、より内容の詰まった『点訳の手引き』が使われることになった。前もって、昨年末にネットで購入していた為、少し見ていたのだが、確かに内容は充実している。復習していくにはもってこいかもしれない。パソコンのキー操作は慣れていくこととして、その間に、より多くの復習に時間を充てていきたいと思う。
前期のおかげで、大筋の点字学習については理解できたので、後期は予復習が出来るよう、時間を配分し、何とかみなに遅れぬよう、習熟していきたいものだ。
次回に、そのテキストの講習運用表なるものを渡される。

 これからの三ヶ月あまりで、一冊の点字本を作れる講習をされるとのこと。何もこの期間で一冊作れるというものではない。そんなに簡単には進むものでもない。方法を学習していくのだ。たくさんのことを実習に近いかたちで進めていくこととなる。この講習会に参加されておられる方のほとんどが、春以降同図書館などですぐに実践に入るという。

(宿題)
*分かち書き 練習問題20問。墨字の文章を分かち書きせよ。
*読み間違いやすい漢字 ふりがなを付ける。

(つづいてよかったね、次回へつづく !! )

 

第十ニ回 点訳技術講習会

平成14年12月19日(木)
2002年度点訳技術講習会 第十ニ回 レポート

 本日は、この点字講習会前期の締めくくりの試験であった。総評は、ふううん。なんとなく、思ってたのと違う形式であった為、まごついた。なるほど、前回の模擬テストよりも、簡単であったが、前回のようにいろいろと開設してくれない。例えば、間違い探しだ。前回だと、その個数を教えて頂いて、それをめどにしていたが、そんなのはなかった。
おおまかに、本日の試験の内容を挙げてみよう。大きく四問あった。問一、五個の文章を墨字により分かち書きをせよ。問ニ、墨字三文を点字化せよ。問三、14桁点字文を墨字訳せよ。問四、24行点字文中の間違いを指摘し、訂正せよ。
問題用紙1枚、展示文用紙2枚。ボリュームはあったが、さほど難しいものではなかった。内容は、毛利さんのエンデバー(スペースシャトル)による宇宙飛行についての感想文であった。前回のように医学的なややこしい説明文や表現はなかったので、その点字化には労することはなかった。
しかし、なんせいろいろな標準基本項目が多い為、その確認をしていくので時間をさいた。というのも、この試験には持ち込み自由という、逆の意味でプレッシャーがあるのだ。その意味は、間違えられないということで、何度も何度も見直すことで、さらに納得し、こなして行く作業であった。いつのまにか、周りの人はいなくなっており、知らぬ間に2時間を過ぎていたようだ。 —何とかかんとかやり遂げたが、自信はあまりない。どうしよう!
この結果如何によっては、来年からの後期の受講を受けることができないのだ。結果は、今年中に郵送にて知らせがくるとのこと。ドキドキものである。

(宿題)
*点訳
次回に引き続き、『はちとハチミツの統計学』の点字。

今回で、前期が終了した為、宿題の提出は、郵送で送ってよいそうだ。その際、この日本国においては、点字の郵便に関しては料金が発生しないという。これまた、説明すれば長くなるので、その方法は、割愛する。このシステムは、よくできている。現状、郵政民営化などがなされるとすれば、このあたりの優遇措置などは、保護されるのであろうか、はたまた、より良いシステムが出来上がっていく世の中になっててほしいものだ。

この試験の結果次第によっては、この報告レポートが終了する可能性がある。もしそうなったときの為に、ここで、長くお付き合いくださったことへの感謝、THANKSである。

(つづく?)

 

第十一回 点訳技術講習会

平成14年12月12日(木)
2002年度点訳技術講習会 第十一回 レポート

 点字に関する講習は、全般的に終了しているので、本日はほとんどが復習であった。講師の方が、間違いやすいとされているところを箇条書きにしたものを用意されておられた。本来、自分がこのような形でまとめ上げなくては、いつまでたっても理解できない。きれいにまとまっているようにうかがえたが、まだまだ、その微妙な違いが理解できていない為、単に対比された羅列でしかなかった。私の実力を思い知るにはちょうど良かったかも(?) ここでは、特に復習となるものが中心なので、挙げるのはよしておく。

 その後の時間は、前回行われた模擬試験の解説に充てられた。なんと、一人ずつ講師の方から面談のように呼び出され、間違っている箇所の指摘、指導及び警告を告げられると言うものだ。私の番になり、怖々席についた。 出された解答用紙は、予想通りに真っ赤であった。 
レベルについて、指摘を受ける。一般社会レベルでは、通用するかもしれないが、まだまだ、役に立つものではないことを、はっきり告げられた。 なんとも悔しいものである。 分かってはいたものの、実際言われると、とても辛いものがあった。 確かに、その解答用紙の中身に目を転じてみると、指摘箇所は、ほとんどが、早とちりによるものであった。 脱字があったり、語尾を勝手に判断し、変えていたりで、恥ずかしくなるものがそこにあった。 講師の方からすれば、これでも優しく言ってくれてたのだとすぐに悟った。
毎回のように、講習の終わりには、“ゆっくりで言いから正確に!”“必ず見直すこと”のに点を言われていたのが今になって、よく分かる。 まるで、自分に対して言われていたのかと思われるようだと・・・。
もう反省ばかりしてられない。
  来週は、前半最後にあたり、試験が行われる。前回の模擬試験同様、何の持ち込みも構わない。これが最後。注意する点を自分なりに復習することを繰り返し行わなければ・・・。もう恥ずかしいのはたくさんだ。試験の内容も、だいたいは伝えられているので、少しは安心だ。そんなに難しくない、小学生の教科書レベルであるらしい。 実はそれが、逆に難しいのだ。注意する点は、絞られるので、何とかまとめ上げて、自分なりの解答で言いから、用意していくことが、全ての意味においての復習になる。これだけは、なにが何でもしていこう!

 残った時間、実際に館内で、点字の活動をされておられる方をゲストに、会話がなされた。ひと方は、実績3年で、現在年間4冊の本を点字化、その他小学生の教科書を点字化しておられる。それとは別に、現在、地球儀の作成を手掛けておられるそうだ。点字の地球儀とは、これ恐れ入った話である。今までにも、いろいろな大きさでチャレンジされた方は幾人かおられたそうだが、直径65cm程の大きさで、色んな角度から、それについて考えながら、点字に用いる素材などを研究している事を説明しておられた。 もうひと方は、実績は長年にわたるらしい。女性だけに・・・ということだ。その方は、早くから、楽譜の点字化をされておられる。本屋などで、興味があり、一度目にしたのだが、今現在教わっているのが基本とすれば、それは、応用でもなんでもない。とんでもなく、表記が違うのである。確かに墨字でいう五線が点字の世界でどのように表すのかが興味あったわけだが、一変にうせた記憶を覚えている。
  共通して、おっしゃられてたのは、愉しいということ。例えば、それが義務的だけのものなら、大変と感じたかもしれないが、それに対してこつこつしていると、どこかからお声がかかり、色んな世界が開花された。と、お二人とも、笑顔で述べられておられたのが印象的であった。
  私に何ができるのかは、分からないが、直接であろうと、間接であろうと、せっかくこのような形で、学ばせていただいたことに感謝し、この団体及び個人レベルに至るまで浸透した姿勢について、力添えできる何かをお返しできるよう、今後も取り組んでいきたい。

 来週は、試験。

(宿題)
*点訳
次回に引き続き、『はちとハチミツの統計学』の点字。

(つづく)

 


© 2017 MAGATAMA cafe×dining.

| ACTIVITY | ALCOHOL | COMBO | CONTACT | DINNER | EVENT | MENU | NON-ALCOHOL | PARTY PLAN | SHOP | Shop Photo | STAFF | SWEET | www.magatama.net | Page Top ↑