Blog

第九回 点訳技術講習会

平成15年3月6日(木)
点訳技術講習会(後期) 第九回 レポート

 先週の宿題した内容について、本日の大半が隣の方と見直す形をとられた。実際には、家で見直した点字ファイルを済み字印刷していただき、互いにチェックをするものである。表記上で私にはケアレスなミスがいくつか発見された。いつの間にか見直すという習慣に、気を抜いていたように思われる。この講習会も残すところ、後わずかになってしまっている。本日、伺うに、4-5月ころまでは、補講を予定していて、その後、簡単な書籍に手をつけていくとのことであった。私としては、時間の許す限りお手伝い(?)出来ればと考えている。ボランティアの観点から、参加は自由なのだろうが、本来自己満足でとどめるものではない。なんでもそうであるように、初心は、ささやかなものであったとしても、誰かもしくは何かのために、出来ること ! に関心があったのだ。その心に、すでに手助けしていただいた個人、団体に感謝し、少しでもお返しできるという望みもある。—できる限り続けていきたい。
  ここに来て、今後の自分なりの目標を掲げていくことも必要である。書籍の点字かには、今まで以上に注意と配慮をし、こなしていくことはもちろんであるが、その中で、その行為が、業務や仕事のようにとらわれぬように、自分の中で、前述の初心をとどめておくに、この目標の打ち出しは、自らの性格を考えると、必須である。今、私なりに企てたいことについて、記してみると、以下のようである。

  点字メニューの普及
現在、お店などに設置しているメニューで、特に利用されているとわ思われないのが原状ではあるが、いつ何時に備えて、準備しておきたいものである。お店を商う上で、何らかの形において、障害や弊害が起こっているようでは、申し訳ないものである。当店においての点字メニューには、まだまだ改良の余地はあるが、最低限知りうる情報の提示はなされていくものとして考えたい。今後においては、当店に限らず、あらゆる店に、設置されていくことが望ましいであろう。公共性の高いところは、たった一冊のものであっても、限りない情報源として備わっていてほしいものだと考えたい。
実際には、どのように進めていくかは、検討中である。現在、新しいメニューの点字かを急いで取り掛かっているところである。今後の参考にする点で、いろいろなケースについて考えながらであるため、多少遅れているのは、この場を借りて謝罪いたします。
普及に関して、私自身の点字に対する能力が備われば、個人にて活動を開始しようと思う。その際には、費用面を出来るだけ抑えた形が望ましいので、用紙を大量購入し、点字プリンターを調達することで対応できればと考えている。
参考になるページ
http://www.geocities.co.jp/Milkyway/3115/Ks01.html

 取説の点字閲覧
盲人の方があるアンケートの中でん望みで、一番に揚げられるところが、ものに対する解説や説明書である。われわれと同じくほとんどのものを扱うことに対しての抵抗はない。ただ、その取り扱いに関して、すぐに手元にある書面で理解できるかが、大きく違ってくる。われわれがすでに新聞を読むような感覚で、ある程度のものもであれば、見たままに想像によっての感覚で取り扱うところも多い。こんな形のボタンはこうなるのだろうとか、このあたりは危険だなっとか。使いたい欲望は、私たちよりも高いかもしれない。そんなときに、あらゆる形式において、解説がなされているものが点字において閲覧できれば・・・。実際には、書面において点字でそのもの自体を作っていくことは、無理であろう。毎日、大量のものが生み出され、それを点字かすることは物理的にはとてもおっつかない。あくまでも、現在の時点では妄想に近い考えかもしれないが、その大量のデータベースが、ネットなどを通じて、いつでも閲覧できることが、私たち健常者にとってもありがたく、資源のことも考えられる。現在ネット自体で、音声出力の技術は大分進められてきた。今後、安価なブレイラー(点字出力機)の開発が進められ、国などのバックアップによりスムーズにことが進めば、よりより環境になることは十分読める。パソコンへの抵抗なども今後においては、より緩和することであろうし、ある目的(盲人専用)を限定した軽量化のものがあれば、更なる利用価値は広がる。
今後において、見届け、私に出来ることに取り組んでいきたい。

(宿題)
課題文章の点字化の見直し。

(つづく)

 

第八回 点訳技術講習会

平成15年2月27日(木)
点訳技術講習会(後期) 第八回 レポート

 講習会のカリキュラムも、残すところ後僅かになってきた。後期に入って、パソコンを使って、その操作方法と、点字本作成に至る構成を学んでいる。先週、目次作成の基準についてまで学んだ。今日は、表題紙・奥付の書き方についてであった。
奥付に関しては、普段は、特に気にとめてその書き方を注目してきたわけではなく、ただ単なる参考として実に触れる程度であった気がするところである。確かに基準に基づいて書かれてあることが望ましいのはいうまでもないが、これだけの書籍が出回っている時勢において、実情は多様である。点字に記すときのある基準が設けられることは、触読者にとって、何よりも安心できるところであろう。書籍の確認において、表題紙にいろいろな形式でタイトルが記載されているとしたら、指先からの情報が主である以上、いたずらに過ぎないものにも感じ取られそうである。規格の統一は、比較の唯一に至るものと考えたいところ。講習のお話を聞くに、全国的にいうと、その規格自体も完全なる統一がはかられたものではないそうである。既に数え切れないほどの書籍が点字化されている中、すべてが同じ形式において、点字かされているともいいがたく、日本ライトハウス(盲人情報文化センター)としての書き方を統一することが、触読者が比較検討しやすくする手伝いを考えるに、必要なことである。

 基本的な書き方について、簡単に書き出すと、概略以下のとおりである。
・表題紙
必要な行数から上下の行あけを割り出し、全体が用紙のほぼ中央に来るようにする。 どの行も文字が中央に来るようにする。文字が奇数マスのときは行頭側のマスあけを1マス少なくする。 題名の左右はそれぞれ6マス以上あくよう、書き方を工夫する。
まず、著者名を原本どおり(作・著・訳・編)に書く。次に一行あけて、題名をはさむ形で、2と5の点を使った区切り線を12マス以上の割で記す。題名の長さが基準となり、長くするときはぐ数マスで調整して増やす。作品名(題名)は左右6マス以上あけるのであるが、長いときは適宜2段書きする。第*巻であるかの記載は、全*巻の表示がある場合はそれが下に表記されるようにする。

・奥付
本の点訳の際、それが第*巻である場合でも、すべて奥付の記載は標準とされる。 発行所・発効日は原本どおりとする。 点訳年月は、その巻を打ち終わった年月を西暦で記す。
まず、奥付と点字で打つ。すぐ下に2と5で区切り線を12マス。その後は二マスあけの小見出し符で列記する。例として、次のような順となる。原本書名・著者・発行者・発効日(改定がある場合は、記載する)。 最後に区切りをつけた後、点訳年月・点訳者を記載。

(宿題)
後期に入ってからのパソコンにて打ち込まれた点字の見直し。目次、ページ表示、奥付、表題。もちろん、点字の誤表記および分かち書き。

(つづく)

 

第七回 点訳技術講習会

平成15年2月20日(木)
点訳技術講習会(後期) 第七回 レポート

 本日の講習では、特別なことを教わった気がしなかった。なるほど、ここに来て、集中的に、パソコン入力に対しての慣れを目的にしているカリキュラムである。細かいところではあるが、コピー&ペーストや、文章の挿入・分割などである。基本的な操作に関しては、ワープロソフトとそう違わないのであるが、この「WIN-BES」 、本の編集などに重きを置いたソフトとなっているため、便利な機能が備わっている。
目次指定が出来たり、表紙作成が出来るのだ。その他にも、点字ならではなのだが、行頭の空欄の検索を行うのだ。どういうことかというと、点字での文書入力の際、表題や段落、その他の表記においても、ルールが統一されている点を利用したもので、通常の文だと二枡空けで書き始めるのだが、段落や、見出しなどの場合、その重要性から、大見出しほど(二枡単位で)行頭が下がるのだ。われわれが使うようなソフトでも、ページダウン・アップというのはあるが、この場合の構成では、すでにページは出来上がる本(規定)用になっているため、ページはそのままページの意味となる。探し出すときなどには、段落ごとに見つけ出せるのは非常に便利な機能である。先に述べた、目次作成機能もたいしたものだ。現在、マガタマでは、春から(3月から)のメニュー変更に伴い、点字のメニューも急ピッチで進めているところで、その項目ごとに目次が取れる作業を簡単に出来る。食べ物はどの辺りにあるのか、どのような飲み物があるのか、を探し出すのに想像以上に活用されるのであろう。嬉しい機能だ。
なんだかんだといっている間に、前期では復習すら間々ならぬ状態であったが、後期にはいて、意外とこなしてきている気がする。メニューの件もあり、更に日常に近いものを点字かすることで、新たな発見はたくさんある。おそらく、間違いは多いだろうが、出来る限り見直してから、講習会に持っていって、チェックしていただくことになっている。
現在も店内においては、私自身が点字板を使って打ち込んだものがある。恥ずかしい気もするが、まずは、ないよりいいだろうという程度のものだ。今手掛けているのは、そんなわけには行かない。これからの、点字に関してのお手伝いを考えている今、ある意味において、プロ意識がないと、決して上達するものではなく、それはすなわち、役に立たないものに時間を費やす結果なのだ。良い機会なので、ほんとよかったと考えよう! 点字の出力に関しては、盲人文化センターに依頼することを了解していただいたので、安心である。費用はもちろんかかるのだが、最後までパソコンにおいて修正・訂正が出来るので、心強いシステムなのだ。メニューの後は、今のところ、急に手掛けたいものはないのだが、将来的には、実際に困っているだろうと思える点を追求したものに対して、こだわりをもてる存在でありたいと考える。

(つづく)

 

第六回 点訳技術講習会

平成15年2月13日(木)
点訳技術講習会(後期) 第六回 レポート

 講習においての最終課題である、5つの文章を先週渡されていた。前回、講習終了後、パソコン入力になれるため、そのうちのひとつの文を試みた。躓くのはやはり、分かち書きである。入力のほうは、パターン化されると、これはもう慣れとしての習得である。その文を打ち込み終わるころには、ある程度できているなあ、って自負できるものになっていた。さすがに、先に述べた、分かち書き、記号等の打ち込みは多少戸惑いがあるが、まずは、抵抗がなくなったことには、素直に喜べるところであろう。
  本日の講習では、前半にパソコン入力のコツとしてのコピー&ペーストってな具合であった。なかなかいい感じに理解できている。嬉しかったのは、皆の打ち込む速度に比べて、気持ち早く入力ができていたこと。確かに、正確さはどうだかわかんないけど、F4キーによる、墨字表示で照らし合わせると、間違いは、やはりいくつかあった。総評、実感として、習得できてきていることに喜びである。
  講習の終わりに、自分に与えられた文を公表していただいた。「演奏としての朗読」というタイトルである。先の5つの文の中のひとつで、特別ややこしいものではなさそうだ。本日、早速戻ってから、ノートパソコンを立ち上げ、一気に打ち込んでみた。自分自身での満足感では、なかなかできたと思う。しかし、読み手の気持ちに立ってはどうなのだろうか。分かち書きなども、確かに確実とはいえない気がする。人に優しいものを作り出すというのは、どの道でも、そんなにたやすいものではない。自分自身のことで、満足できるものでは、いくらやっても同じことなのであろう。打ち込みが終わったあと、ふとそんなことがよぎった。このような作業が、人に読んでいただいて初めて意味を成す。初めて、そのとき結ばれるのであろう。そう思い、文を読み返すとともに、触読をされた方が、確かに私の打ち込んだ点字を読み、理解し、さらに感動していただけるなら、大変喜ばしいことだ。講習を受け始めたころのことを思い出し、点字という技術の習得にとどまらず、その先にあるものにたどり着けることが、目標になる、そんな気が生まれた。

 本日の講習の後半、読み方調べについて教わった。講師は、木村さん。なんとも、見るからにしっかりした信念のある方だ。ライトハウスには、独自に読み方をパソコンにて管理しているものがある。著作権上、公表できないそうなのだが、良い財産である。パソコンに、漢字を打ち込んでみると、広域に打ち込まれたデータベースから、その読みにかかわる内容を引っ張り出してくる。現在、111万語登録されているそうだ。たとえば、「本町」と打ち込むと、まず読み方から、3通り。ほんまち、もとまち、ほんちょう。それぞれの読み仮名に該当する内容を表示する。この場合、大半は地名である。全国の本町が出てくる。ほんまちと読むところは、一番多い。てな具合で、普段われわれが使っているような検索機能よりさらに深い、読み方検索機能まで備わったものである。大したものだ。新しいものもどんどん打ち込まれていかねばならないし、刻々変わり行く内容を更新しなければならないのは、非常に労を要する。このようなもの事態が、国の支援、もしくは、管理されたものとして利用できるシステムがなされるべきであろう。
  点字の場合は、仮名打ちになるので、間違いはそのまま伝わる。人名・地名が間違えれば、その先大問題になる可能性もある。漢字であれば、伝わりやすいものであっても、決してごまかすことのできないところであろう。
  点字の奥の深さを実感した瞬間である。

(つづく)

 

第五回 点訳技術講習会

平成15年2月6日(木)
点訳技術講習会(後期) 第五回 レポート

 先週に引き続いて、パソコンを触ることとなった。入力方法は、結局、凸入力となっていた。読み通りに入力するほうが後々良いという結論であった。いざ入力となって、なかなかうまくいかない。焦りもあって、五十音さえ点字が出てこない。分かち書きのレベルではなく、皆さんが打ち込むよりも、ずっと遅れてしまった。おそらく、皆さんは、何らかの形で練習されているのだろう。ただただ、焦ってしまっていた。パソコンだといって、馬鹿にできないところである。入力といっても、6点入力なのだから、なんら今までと変わらない。ただ、保存や操作的な一部が理解できているだけなのだ。ここでやっている6点入力は、今までの①の点がF 、②がD、③がS、④がJ、⑤がK、⑥がLとなっている。たとえば、「め」は、その六点を同時に押すといったことなのだ。パソコンならではの、省略的に入力する技などがあり、それについて教わったが、まだ今日のところはその便利さには特に気が回らなかった。慣れてくると、たいそう便利な機能なのだろう。
  確かに、今年に入ってからの講習会においては、パソコンがメインのようであるが、要は、実地に近い形に追いつくための強制講習なのだ。パソコンを用いて進められているのだが、今日でも入力に時間をとられてしまっている間に、いろいろな説明がされていた。講習会なのに、手が間誤付いている為に、話についていけてないのが現状だ。いつの間にか、後ろのおばさんたちは、どんどん進んでいってるようであった。やられた。確かにどれほどの時間を復習に当てたかというと、ほとんどないに等しい。これでは、講習に入ってから30分は無駄になってしまう。余裕もない。少しずつでも打つ練習だ。今日はちょっとでもやってみよう。
  来週は、同じく入力を半分の時間とし、もう半分は、読み方調べの遣い方について教わる。分かったつもりで入力をしていけない。人名・地名など、その読み方は、漢字と違って、はっきりさせないといけない。そんなときに調べるにはどうしたら良いのかというところである。

(宿題)
*特になし。
しかし、必然的に復習しなければという思いになってきている。指で慣れるまでのものだろう。

(つづく)

 


© 2017 MAGATAMA cafe×dining.

| ACTIVITY | ALCOHOL | COMBO | CONTACT | DINNER | EVENT | MENU | NON-ALCOHOL | PARTY PLAN | SHOP | Shop Photo | STAFF | SWEET | www.magatama.net | Page Top ↑